スパイ映画「キングスマン」のあらすじと感想と評価!

今回ご紹介するのはイギリスのスパイ映画。

ド派手で爽快なアクションが見ものです。

あれ、この作風どこかで見たような・・・

スパイ映画「キングスマン」のあらすじ

あるところに、世界最強の紳士なスパイたちで構成される秘密結社「キングスマン」がありました。

「キングスマン」に属することができるのは、命を賭けた試練に生き残った者だけ。

すなわち、選ばれし者からさらに厳選されます。

また席が空かなければ「キングスマン」の一員が募集されることもありません。

しかし今回、とある「キングスマン」のエージェントが殉職してしまいます。

そこで「キングスマン」候補生として選ばれたのが、「エグジー」という青年です。

その「エグジー」を見出したのが、キングスマンのベテランスパイ「ガラハッド」こと「ハリー」でした。

実はこのハリー、数十年前に「キングスマン」候補生を一人、事故にて亡くしています。

その亡くなった張本人の息子こそ、「エグジー」だったのです。

果たして「エグジー」は無事に、「キングスマン」の一員になれるのでしょうか。

またそれと同時に、「ハリー」には魔の手が迫りかかります。

「ハリー」はエージェントの殉職を解明できるのでしょうか。

その2点に注目してご覧ください。

キャスト

コリン・ファース(役:ハリー・ハート)

「キングスマン」のベテランスパイ「ハリー(コードネーム:ガラハッド)」を演じてくれました。

その他代表作は「英国王のスピーチ」で、アカデミー賞主演男優賞を受賞しています。

マイケル・ケイン

「キングスマン」のリーダー「アーサー」役です。

「ダークナイトシリーズ」のアルフレッド執事で有名です。

タロン・エガートン

本作における主役を担うキングスマン候補生「エグジー」を演じています。

サミュエル・L・ジャクソン

「スター・ウォーズ」のジェダイ「メイス・ウィンドゥ」役でおなじみ「サミュエル・L・ジャクソン」です。

「スター・ウォーズ」とは対照的に本作では悪役を演じます。

マーク・ハミル

この名前に見覚えがありませんか?

そう、「スター・ウォーズ」の主人公「ルーク・スカイウォーカー」です。

旧三部作とエピソード7にも登場します。

まさかここで出会えるとは。

とはいえ、今作では数カットの出演です。

「キングスマン」感想

とにかくスッパスパの爽快アクションです。

一見すると、シリアスのように見える作風もアクションが台無しにしてくれます。

もちろん良い意味で。

このような作風・・・

思い出しました。

「キック・アス」です。

それもそのはず「キック・アス」と同じマシュー・ヴォーン監督作品によるものですから。

この事実を知って「ああ、なるほどな」と感じました。

「キック・アス」を見た人ならお分かりの通り、それほど独特な世界観がある監督です。

ちなみにR15指定ですので小さい子供にはオススメできません。

手足がスッパスパ、飛び散ります。